Photoshopでロゴ等のオリジナル画像を定型登録し簡単に貼り付けられるようにする方法

このページでは自分で作成したオリジナルの画像を定型登録してLINEカメラ等のアプリ内で使用されている「スタンプ」のように簡単に呼び出せるようにする、という操作をPhotoshopで行う場合の方法を説明しています。

※この方法は形状を保存するものであり、画像そのものを保存する方法ではありません。複数の色情報やフィルター効果等の状態をそのまま登録出来る訳ではないことをご理解の上操作して下さい。サインやロゴ等の単純な形状のものを登録してすぐに呼び出せるようにする、といった使用方法を想定しています。

操作バージョン:

登録方法は2つあります。

 

1.カスタムブラシに登録する(簡単なのでおすすめ)

 

カスタムブラシへの登録はデザインだけでなく背景のような画像でも可能です。

登録したカスタムブラシも通常のブラシの設定と同様に変えることが可能です。色や大きさ等を変える程度の使用なら簡単に呼び出せるカスタムブラシの登録をお勧めします。

 

2.カスタムシェイプに登録する

 

カスタムシェイプは、後から加工する場合の汎用性は高いですが、ラスタ画像そのものを登録することが出来ないので、画像をパスに変えなければなりません。そのため、少し手間がかかります。

 

1.カスタムブラシに登録する(おすすめ)

ブラシに登録したい画像を用意します。画像のpixel数がそのままブラシサイズになります。

例)300pixel×300pixelの画像を作成して登録するとデフォルトが300サイズのブラシになります。

 

「メニュー」→「編集」→「ブラシを定義」でブラシを登録します。

画像ファイル名がブラシ名のデフォルトで表示されますが、変更可能です。

保存すると、ブラシプリセットに登録されますが、このままだとプリセットの一番下に表示されてしまっていて呼び出すのに手間が掛かるので、プリセットの並び順を変更します。

「編集」→「プリセット」→「プリセットマネージャー」でプリセットマネージャーを開いたらダイアログボックスの「プリセットの種類」を「ブラシ」にしてブラシプリセットを表示させます。

先程登録したブラシが一番下にありますのでそれをドラッグしてください。やりやすい位置にドロップすれば移動完了です。

このように簡単に貼り付け出来るようになります。

 

2.カスタムシェイプに登録する

※以下はラスタ画像からカスタムシェイプに登録する方法です。登録したい画像がラスタ画像でない場合はこの操作は必要ありません。

シェイプとして登録したいラスタ画像を用意します。

自動選択ツール等を利用してシェイプとして登録したい部分を選択状態にして下さい。

パスパネルメニューの「作業用パスを作成」を選択し、パスを作成します。

作成された作業用パスをパスパネルで選択した状態にしてから、「編集」→「カスタムシェイプを定義」で登録します。

パスとして作成した図形がカスタムシェイプに追加されるので「カスタムシェイプツール」から呼び出せるようになります。

カスタムシェイプを呼び出した時に縦横比率が変わってしまって困るという場合は、オプションバーの「定義比率」をチェックしてから描くと形を崩さずに描画可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です